このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

コロナ感染拡大防止に関する市民の皆様への市長メッセージ

ページ番号:257-257-383

最終更新日:2020年5月11日

令和2年5月11日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

鯖江市長の牧野です。
ゴールデンウィークが終わりました。心配されました西山公園にはほとんど来園者もなく、福井県内におきましては、13日間新たな感染者が発生しておりません。
しかしながら、市民の皆様には、待ち望んでいた県外にお住いのお子様やお孫様に会うことができなかったり、楽しみにしていた旅行が出来なかったりと寂しいゴールデンウィークをお願いすることになってしまいましたが、外出をお控えいただくなど、感染拡大防止に対し、ご理解とご協力を賜りましたこと、厚くお礼申し上げます。
市民の皆様には、学校の休校延長などによる家計への負担をはじめ、大変なご心労をおかけしております。一律10万円の特別定額給付金申請書を今週13日から16日の間に、各ご家庭に順次郵送させていただきます。すでにオンラインで申請をしていただきました方には、14日から給付金を振り込めるよう、作業を進めております。
また、市独自の子ども子育て応援給付金、鯖江のがんばる事業者応援給付金につきましても14日に最初の振り込みをさせていただく予定です。1日も早く、市民の皆様にお届けしたいとの思いから当初予定しておりました振り込み日を前倒しさせていただきます。
最後になりますが、5月6日まで出されていた「全国緊急事態宣言」は5月31日まで延長されました。特定警戒区域ではない福井県は、20日までの延長となりましたが、ここで油断することなく、「新しい生活様式」を確立させ、感染拡大の第2波を招かぬよう、引き続き、市民の皆様には、命が第一、感染拡大防止に努めていただくことを切にお願いいたします。

令和2年4月30日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

 鯖江市長の牧野です。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、皆様には、不要不急の外出の自粛をお願いしている中、冷静に行動され、心から感謝申し上げます。
 ゴールデンウイークに入り、明後日5月2日から5月6日は5連休、観光や帰省など県内外から人の往来が多くなりますが、今年は、つつじの剪定を開花前に行い、つつじの花は咲きません西山公園も全園入園禁止、つつじまつり等のイベントも中止しました。今は、鯖江に来ないでください。人の往来を止め、感染拡大防止、人命第一です。引き続き、お出かけを自粛して、おうちでお過ごしいただきますようお願いします
 また、県外にお住いの皆様には、何とぞ今年だけは、御自身の帰省や御家族による帰省をお控えくださいますようお願いします。これらの市民一人一人の行動が、自分や、大切な家族、そして周囲の人の命を守ります。
 市内小中学校においては、ゴールデンウイーク明けも、当面の間、臨時休業が延長されることとなりました。子どもたち、保護者の皆様、学校関係者の皆様には、ご負担をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。また、お仕事などでの県外出張も5月末までは自粛していただくようお願いします。
 今がまさに正念場、市民が一丸となって、チーム鯖江で新型コロナウイルスの一日も早い収束に向け、感染拡大防止を自分事として取り組んでいただきますよう、切に、切にお願い申し上げます。

令和2年4月22日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

 鯖江市長の牧野です。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、西山公園を4月7日~5月10日まで散歩以外は、入園禁止としましたが、4月16日、全国に「緊急事態宣言」が発令された直後の週末18~19日には早朝から県内外から大勢の方が、次々と西山公園へ来園されました。このため、4月21日から5月10日まで、西山公園全園を入園禁止としました。西日本随一のつつじの名所・西山公園へ、県内外の皆様を心からお迎えしたいところではありますが、福井県は人口あたりの感染者数が全国上位であり、依然として厳しい状況です。
 全国的に感染が広がりつつある中で、ゴールデンウイーク中の県内外からの人の往来による感染拡大が強く懸念されます。人の命が第一、感染拡大防止を最優先に、今回、苦渋の末、断腸の思いで決断しました。今年は、西山公園にはお越しにならないでください。そして、今年は、つつじの剪定を今日(22日)から始め、花芽を抑えることとしました。今年の楽しみは、来年に持ち越しですが、つつじを開花前に剪定することで、樹木の勢いは増し、来年は今年の分も取り返し、見事に咲き誇ってくれると思います。
 新型コロナウイルスの一日も早い収束に向け、自分事として、自分の、家族の、そして周囲の人の命を守る行動を、切に、切にお願い申し上げます。

令和2年4月15日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

 鯖江市長の牧野です。
 県内での新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、4月14日、福井県独自の「緊急事態宣言」が発令されました。ゴールデンウイークを間近に控え、県外との往来を自粛し、平日の外出自粛を促すことで、新たな感染拡大の元を断ち、新型コロナウイルスの蔓延終息に向け、改めて県民への要請が行われました。鯖江市では、すでに、5月10日まで西山公園の入園制限とそれに伴う嚮陽会館前駐車場とふれあい広場駐車場の一部利用制限、西山動物園とパンダらんどを休園とするなど、いまだかつてない措置をとらせていただいております。また、5月から6月にかけて、市民の皆様に慣れ親しんでいただいているイベントを中止または延期するなど、全市を挙げて感染拡大防止に取り組んでおります。
 世界中で戦後最大の危機と言われるこの事態に、検査や医療に従事されている皆様には、心からの敬意を表します。日々、増え続ける感染者の対応に、心身ともにお疲れがピークに達していらっしゃいます。医療の現場を守るためにも、市民の皆様には、「うつらない」、「うつさない」ために、密閉、密集、密接の「3密」を徹底的に避けてください。子どもたち、若者の皆さん、大人や高齢者の皆さん、週末や夜間にくわえて、平日の外出も控えていただくようお願いします。また、県外への不要不急のお出かけを控えていただくとともに、鯖江に来られた方には2週間の自宅等での待機をお願いします。
 手洗いや消毒、咳エチケットについても、引き続き徹底をお願いします。市民お一人お一人が、ここで気を緩めることなく、強い気持ちで、自分事として、自分の、家族の、そして周囲の人の命を守る行動を強く切望いたします。学校の臨時休業の期間延長にご協力いただいている皆様、子どもたちや、医療・介護施設のためにとマスクをご寄付いただいた皆様、本当にありがとうございます。地元のお店を応援するため、「テイクアウトさばえ」のホームページも立ち上がりました。ぜひ、地元のお店をご利用いただき、今こそ他人を思いやる「互助」の精神で、この困難を乗り切っていこうではありませんか。
 まずは、ウイルスの封じ込めに、市民が一丸となって、全力で取り組みましょう。どうか、市民の皆様のご理解とご協力を切にお願いいたします。

令和2年4月10日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

 鯖江市長の牧野です。
 県内での新型コロナウイルスの感染者が増え続けていることを受け、これ以上の感染拡大を防ぐため、4月19日までの間、週末や夜間の不要不急の外出・会合の自粛などを強く要請する「県民行動指針」が発表されております。
先ほど、杉本知事と県内17市町の首長による、緊急対策会議がテレビ会議で行われ、その中で、鯖江市として、知事に対し、医療を守る、市民生活を守る、産業を守る、この3つを念頭に、強く要望いたしました。
鯖江市では、感染拡大防止に向け、ここ1か月が非常に重要な局面であると考え、5月6日まで、小中学校の臨時休業、5月10日まで、公共施設の貸館停止や、西山公園の入園制限など、いまだかつてない措置をとらせていただいております。
菜花、さくら、つつじと、春は鯖江が最高に華やぐ季節で、県内外からのお客様を心からお迎えしたいところではありますが、今は、感染拡大の防止を最優先に考え、苦渋の決断をいたしました。
世界中で戦後最大の危機と言われるこの事態に、保護者や学童保育に携わる皆様、学校関係者の皆様には、学校の臨時休業の期間延長にご協力いただいているほか、チームさばえ、市民の皆様には、冷静、かつ、他人を思いやる行動をとっていただいていること、心からありがたく思っております。
 学校再開に向けて、子どもたちへの手作りマスクの寄贈や、医療・介護施設のためにとマスクをご寄付いただいた皆様、心強いご支援をありがとうございます。
地元のお店を応援するため、テイクアウト、配達が可能なお店を紹介するサイトを立ち上げ、利用を呼び掛けてくださっている皆様、心温まる行動に敬意を表します。
 市民の皆様には、感染リスクとなる、密閉、密集、密接の「3密」を徹底的に避け、週末や夜間の外出、県外への不要不急のお出かけを控えていただくとともに、鯖江に来られる方に対する感染防止対策の周知と徹底をお願いします。
手洗いや消毒、咳エチケットについても、引き続き徹底をお願いします。
 市民お一人お一人が、自分事として、自分の、家族の、そして周囲の人の命を守る行動を強く切望いたします。
私は、この市民の結束の先に、鯖江市の更なる発展があると確信しています。
どうか、引き続き、市民の皆様のご理解とご協力を切にお願いいたします。

令和2年4月7日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

 鯖江市長の牧野です。
 毎年、西山公園へのお出かけを楽しみにされている皆さん。現在、西山公園は桜の見ごろを迎え、すっかり春の装いとなっております。5月になりますと、5万株のつつじが咲き誇り、最も魅力あふれる時期を迎え、毎年、県内外から大変多くの皆様に訪れていただいております。私としても、大変ありがたく、心待ちにしておりました。
 しかし、全国でコロナウイルスの感染が拡大する中、ここ1か月が非常に重要な局面であると考えております。市民および本市においでになられる皆様の安全確保を第一に考え、断腸の想いではありますが、西山公園について、4月8日から5月10日まで、入園を制限することといたしました。
 あわせて、嚮陽会館前駐車場とふれあい広場駐車場の駐車車両の台数についても、制限をさせていただきます。5月10日まで、西山公園は、原則、散歩以外の利用はご遠慮ください。屋外といえども、決して安全ではありません。恒例のつつじまつりについては、すでに中止が決定しており、西山動物園、パンダランドも5月10日まで休園いたします。つつじの開花を心待ちにしていらっしゃる県内外の皆様には大変申し訳なく思っておりますが、命が第一、今は、感染拡大の防止を最優先に考え、自分事として、命を守る行動を強く切望いたします。
 市民の皆様には、引き続き、「うつらない」、「うつさない」ために、密閉、密集、密接の「3密」を徹底的に避けてください。手洗いや消毒、咳エチケットについても徹底をお願いします。週末や夜間の外出、県外への不要不急のお出かけについても、控えていただくようお願いします。まずは感染拡大を防ぎ、安全・安心な市民生活を取り戻すことが大事です。
 本日、国が、国内総生産(GDP)の約2割に当たる総額108兆円規模の緊急経済対策を発表しました。市としては、国や県と連携しながら、市民や事業所の皆様からの申請受付などの体制を速やかに整え、全力で市民生活をお支えしていく所存です。どうか、市民の皆様のご理解とご協力を切にお願いいたします。

令和2年4月3日(手話通訳付)


画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

 鯖江市長の牧野です。
 県内での新型コロナウイルス感染者が増え続け、4月3日現在39名となりました。人口10万人当たりの感染者数としては、全国2位です。
 これを受け、福井県が県立学校の休校をゴールデンウイーク最終日の5月6日までに延長することとなりました。これに伴い、市内小中学校の再開時期について検討しています。また、公共施設の貸館については、ゴールデンウイーク明けの5月10日まで、利用制限を延長します。
 市民の皆様には、何よりも感染しないよう、密閉、密集、密接の「3密」を徹底的に避けてください。手洗いや消毒、咳エチケットについても徹底をお願いします。週末や夜間の外出、町内の会合等も、できる限り控えていただくようお願いします。まずは感染拡大を防ぎ、安全・安心な市民生活を取り戻すことが大事です。
 企業や商業者の皆様には、先の見えない、終わりの見えない新型コロナウイルスとの闘いに、日々、不安が増すばかりかと心配しております。市では、税金の徴収猶予や、事業継続に向けた貸付をはじめとするさまざまな支援策を充実してまいります。国や県においても、新たな対応策についても検討されております。市としては、国や県と連携しながら、全力で市民生活をお支えしていく所存ですので、お困りのことは何なりと市役所までご相談ください。市民の皆様、地元のお店で買い物をしていただき、鯖江を元気づけましょう。
 今こそ、自分事として行動するとともに、互いを思いやる気持ちで、「チームさばえ」の力を結集し、この困難を乗り切っていこうではありませんか。
 どうか、市民の皆様のご理解とご協力を切にお願いいたします。

令和2年3月30日


画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

鯖江市長の牧野です。
 3月29日、鯖江市に居住する40歳代の女性が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。市では、引き続き、国・県等からの情報収集に努め、丹南健康福祉センターとの連携を密にし、感染拡大の防止と市民の皆様の不安解消に全力で取り組んでまいります。市民の皆様には、何よりも感染しないよう、密閉、密集、密接の3つの「密」を徹底的に避けてください。手洗いや消毒、咳エチケットについても徹底をお願いします。
 まつり・イベントなどが中止や延期されることで、地域経済に悪影響をおよぼすとともに、鯖江市から元気が失われることも懸念されますが、今は何より、ご自身やご家族、周囲の皆様の命を守ることを最優先に考えて、行動してください。不要不急、土日や夜間の外出を控えるなど、市民、そして国民の力を結集して、新型コロナウイルスを封じ込める必要があります。企業や商業者の皆様には、この終わりが見えない闘いに、刻々と不安が増すばかりかと心配しております。市では、事業継続のための支援策として、既に、福井県経営安定資金利用者への利子の全額補給や、信用保証料補給枠と補給額の上限の引上げを行っております。今後、企業や商業者の皆様が事業継続できるよう、また市民の皆様が生活安定を図れるよう、税金の徴収猶予など必要な支援策を充実してまいります。
 また、国や県においても、事業継続に向けた貸付を始めとするさまざまな支援策を行っており、新たな対応策についても検討されております。市としては、国や県と連携しながら、全力で市民生活をお支えしていく所存ですので、お困りのことは何なりと市役所までご相談ください。
 今こそ、チームさばえの力を結集し、この難局を乗り切っていこうではありませんか。どうか、皆様のご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の患者発生に関する市長コメント

 昨日(3月29日)、鯖江市に居住する40歳代の女性の感染が確認されたことを受け、市では午後8時から第9回の新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、市の対応を確認しました。
 市では、引き続き国・県等からの情報収集に努めるほか、県および丹南健康福祉センター(丹南保健所)との連携を密にし、感染拡大の防止と市民の皆様の不安解消に全力で取り組んでまいります。
 また、市主催のイベント等につきましては、当分の間中止とさせていただくことに加え、本日(3月30日)から4月12日(日曜日)までの2週間、市の施設の利用制限を実施することを決定いたしました。
 なお、感染拡大を防止するため、うがいや手洗い、部屋の換気など日常的な予防対策を徹底していただくほか、(1)換気の悪い密閉空間 (2)多数が集まる密集場所 (3)間近で会話や発声をする密接場面 といった3つの「密」を徹底して避けていただくよう引き続きお願いいたします。
 市民の皆様には、何かとご不便をおかけすることとなりますが、終わりの見えない新型コロナウイルスと戦うためには、「チームさばえ」一丸となって乗り切らなければならないため、ご理解・ご協力をお願いいたします。

令和2年3月27日

密閉・密集・密接 3つの『密』を避けてください。

画像
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

 鯖江市長の牧野です。
 桜の季節を迎え、西山公園をはじめ市内の観光施設には、毎年、県内外から多くの皆様にお越しいただいており、大変なにぎわいを見せる時期となりました。この週末にも、お出かけを考えていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。
 私としましても、大変ありがたく、心待ちにしていたところではありますが、ご承知のとおり、新型コロナウイルスの感染が全国に拡大している中、これ以上の感染拡大を防ぐためには、今が非常に重要な時期となっております。特に、西山公園にお越しの際には、遊具等を介した接触感染に注意いただくとともに、密集や近距離での会話が長時間にならないよう、園内での宴会を自粛いただきますようお願いいたします
 イベントなどが中止や延期されることで、地域経済に悪影響をおよぼすとともに、鯖江市から元気が失われることも懸念されますが、この終わりが見えない新型コロナウイルスと闘うためには、不要不急、夜間の外出を控えるなど、市民、そして国民の力を結集して封じ込める必要があります。この危機をチームさばえ、チーム日本で、一体となって乗り切っていこうではありませんか。
 どうか、皆様のご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和2年3月24日

キャプチャー写真
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

市長メッセージ

市民の皆様、鯖江市長の牧野です。
国内において新型コロナウイルスの感染拡大がみられる中、先週3月18日に、福井県内においても感染症患者が発生しました。現在のところ、鯖江市内において患者は発生していませんが、いつ発生してもおかしくない状況にあります。
 そのような中、新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、市民の皆様には、不要不急なイベント、会議などの中止や延期にご協力いただきありがとうございます。保護者の皆様や学童保育に携わる皆様、学校関係者の皆様などには、突然の学校の臨時休業にご協力いただきありがとうございます。市内公共施設をご利用の皆様には、利用の一部制限にご協力いただきありがとうございます。また、市民の皆様一人ひとりが、マスクの着用、咳エチケット、手洗いの徹底など感染拡大の予防にご協力いただき、ありがとうございます。
 まず、何よりも新型コロナウイルスに感染しないよう、市民の皆様には引き続き感染予防の取組みを行ってください。感染予防のためには、密閉、密集、密接を避ける3原則を守ることが大切です。
鯖江市では、新型コロナウイルスによる健康面に関する相談窓口を設置しています。さらに、売り上げ減少が懸念される中小企業向けには、新たな金融支援をスタートしました。お困りの際には、まず市役所にご相談ください。
 また、マスクが不足している市内医療機関、高齢者施設、保育施設などには、マスク約15,000枚と、手指消毒用アルコール200本を既に配布し、追加で、デイサービスなどの事業者や妊婦の希望者の方には、マスク5,000枚の配布を予定しています。
 これまで、さまざまなイベント、歓送迎会、懇親会などが中止や延期されたことから、地域経済に悪影響を及ぼすとともに、鯖江市から元気が失われることが懸念されます。
 終わりが見えない新型コロナウイルスと闘うためには、鯖江市民の力を結集する必要があります。
それぞれのお店では創意工夫の中で営業を続けていただいていますが、市民の皆様には、ぜひ地元のお店で食事や買い物をしていただき、地産地消で市内のお店をぜひ応援してください。市民の皆様の力をお借りしてこの難局を乗り切っていくための明るく前向きなアイディアをお寄せください。市民の命と健康を守り、安全安心で暮らせる市民生活を維持するため、元気が出るような施策を考えていきます。
 今こそ、「チーム鯖江」で、新型コロナウイルスに立ち向かおうではありませんか。
私は、この市民の結束の先に、鯖江市の更なる発展があると確信しております。
市民の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。            

新型コロナウイルス関連情報

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

秘書広報グループ
TEL: 0778-53-2202(秘書)
TEL: 0778-53-2203(広報)
FAX:0778-51-8161

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る