鯖江市指定文化財

あめやごふくてんてんぽけんしゅおく
あめや呉服店店舗兼主屋

国登録 
所在地 
管理者 
時代
 
《文化庁》 平成19年12月5日  
鯖江市本町3丁目 あめや呉服店 
個人
大正2年(1913)
    

 あめや呉服店は、元禄年間より飴屋として創業していたが、文化・文政年間頃から呉服屋を営むようになった。
あめや呉服店店舗兼主屋は、鯖江市街地の旧北陸道に東面して建つ店舗兼住宅で、大正2年(1913)につくられた。南面を入母屋造(いりもやづくり)、北面を切妻造(きりづまづくり)とする瓦葺屋根の平入り町家で、表間口は5間半(桁行約9.9m)、奥行は6間半(梁間約11.7m)の木造2階建てである。1階は前半部に店舗、奥に座敷を設け、2階は正面と南妻面に黒漆喰を塗り込み、正面に2ヶ所、南面に3ヶ所の窓を開けている。
また、当家には福田大観(後の北大路魯山人)が、大正2年に当店の創業100年を記念して作った欅(けやき)材の大看板が残されている。現在は店内に飾られているが、近年までは下屋の屋根上に掲げられていた。
 あめや呉服店店舗兼主屋は、鉄製扉で大壁造とする重厚な外観をもち、鯖江市街地に現存する数少ない大型町家として貴重な建造物である。
#99