鯖江市指定文化財

     ただなおきょうごぼしょ
忠直卿御墓所

指定 
所在地 
管理者 
時代
《市指定》 昭和55年9月16日
鯖江市神明町4丁目 長久寺<ちょうきゅうじ>
天台真盛宗二康山<にこうざん>長久寺 
江戸時代前期
 忠直卿御墓所

  本堂の向かって右側にある笏谷石(凝灰岩)製の宝篋印塔<ほうきょういんとう>である。2段の基壇上に反花座<はんかざ>を据え、この上に基礎・蓮座・塔身・笠・相輪が載るもので、総高264p、相輪高57p、笠高35p、塔身高43pの規模である。宝篋印塔は笠の上部が数段の段形となり、四隅に隅飾があるのが特徴で、もともと『宝篋印心咒経<ほうきょういんしんじゅきょう>』を納めるための石塔であったが、後に塔形の名称ともなった。
 この宝篋印塔は、当時、原野であった鳥羽野<とばの>開拓につくした福井藩第2代藩主松平忠直(1595〜1650年)を慕い、土地の人たちがその恩恵を忘れないため建立したとされる。建立後300年以上を経た現在もなお、ほぼ原形をとどめており、領民が領主を慕って浄財により建立したという特異性、領民の手により護り続けられ、完全な姿を呈している墓の形状など貴重である。塔身には四面に梵字<ぼんじ>で金剛界四仏、東− 「ウーン」、南− 「タラーク」、西− 「キリーク」、北− 「アク」が刻まれている。龕部<がんぶ>には法華経の廻向文を陰刻している。
 願以此功徳
 普及於一切
 我等與衆生
 皆供成佛道
     
#34
松平忠直
 福井藩初代藩主結城秀康<ゆうきひでやす>の子で、徳川家康の孫にあたる。菊池寛の小説『忠直卿行状記<ただなおきょうぎょうじょうき>』では暴君として描かれているが、鳥羽野の開拓などに示されるように名君であったと再評価されている。